エイコン血糖値測定器で健康管理のススメ!

エイコン血糖値測定器で健康管理のススメ!検査でも見逃されやすい食後高血糖の怖さとは?

 

糖尿病とは言い切れないけれど、このまま症状が進行すると糖尿病になる健康状態のことを、糖尿病手前、境界型糖尿病、糖尿病予備軍と表現します。
あなたがこのような診断を受けた時、実際に糖尿病に対しての危機感をどれ程感じられるものでしょうか。
正直なところ、注意しなくてはなぁとまだまだ余裕があるかのように、自分の健康状態を軽視する方が殆どではないでしょうか。
確かに糖尿病予備群と呼ばれる方の場合、生活習慣の改善などにより健康状態を取り戻すことは可能です。
ですが糖尿病予備群と診断された時点で、今すぐにでも改善に向けて努力をしなければ、今ある身体の状態すら取り戻せなくなってしまいます。
本格的な糖尿病ともなってしまえば様々な合併症を引き起こし、死の恐怖と隣合わせの生活を送り続けなくてはなりません。
糖尿病予備群と診断された時点で、そんな状態まであと一歩と言える健康状態にあるということを、しっかりと自覚すべきなのです。
血糖値が高め、糖尿病手前といった診断を受けたのあれば、ある意味ラッキーなこととも言えます。
改善の余地があるという診断を受けた訳ですから、糖尿病へと足を踏み入れないための対策を今すぐにでも実践していきましょう。

 

>>血糖値測定器が無料で手に入るキャンペーンについて詳しく知りたい

 

見逃されやすい食後高血糖の怖さ

 

糖尿病予備群といった診断を受けられるということは、ある意味幸いでもあります。
何故なら糖尿病予備群であっても、検査では見落とされやすい特徴をもつ症状があるからです。
それが、食後高血糖と言われるものです。
食後高血糖は隠れ糖尿病とも呼ばれており、食後2時間血糖値測定をした際の血糖値が高い状態を指します。
食後高血糖は検査でも異常が見つかりにくい上、心血管病のリスクは通常の人よりも当然高いものとなります。
食前でも血糖値が高い糖尿病予備軍の方の心血管病リスクは通常の人とそれほど変わりませんが、食後高血糖の人の発病リスクは血糖値の上昇度合いによって増す傾向にあります。
それ程に急激な血糖値上昇は身体に大きな負担を与えるということなのでしょう。
ある日突然、心疾患や脳血管障害などが起きれば、本人にとってみれば前触れなしと思えるところですが、その影には食後高血糖の症状隠れていることは多々あるのです。
そんな食後高血糖であることに気付くためには、本格的な糖尿病検査を行うか、日頃から自分自身で血糖値測定を行い、こまめに血糖値を様子を観察するほかないと言えます。

 

エイコン血糖値測定器を必需品とする

 

どんな病もそうであるとうに、糖尿病も早期発見、早期治療が肝心です。
例えば毎年健康診断を受けているというような方でも、次回訪れるその機会を待つ間に、食後高血糖を見逃す可能性は十分にあります。
そんな方々にとって頼れるアイテムとなるのが、エイコン血糖値測定器です。
血糖値が気になる方にとって、エイコン血糖値測定器はどんな方でも持っておくべきアイテムと言えます。
ご承知の通り、血糖値の変化は自分では認識できるものではありません。
例えば大福を口にしたとして、その際の血糖値にどの程度の変化が表れるのか...といったことを、私達は自覚することができません。
ですがエイコン血糖値測定器を用いれば、日頃から血糖値の変化を認識することができます。
糖尿病予備群の中でも食後高血糖、つまりは血糖値の上下が激しい、高血糖の時間が長いといった状態にある場合、血管へのダメージが大きくなるため血管に関する病気のリスクが上がっていきます。
自分の血糖値の高さが常に高いものであるのか、それとも食後だけ高く上昇しやすいのかという判断を下すには、こまめな検査が必要になります。
前述した通り、特に食後だけ高いタイプの食後高血糖の方の場合、その異常は見落とされやすい分、疾患のリスクも高くなります。
だからこそエイコン血糖値測定器を必需品とし、日頃から自分の血糖値管理を行うことが糖尿病予防や発作的に起こる疾患リスクの低減へと繋がっていくのです。

 

 

血糖値コントロールに使えるサポートアイテム

 

血糖値コントロールに使えるサポートアイテム「フォーズ2プラス」と「血糖値コントロールティー」
血糖値が気になる方にとって便利なサポートアイテムには、血糖値を下げるタイプのものと、血糖値を上げないタイプの2種類があります。
例えば、血糖値を下げるタイプのものとしては血糖値コントロールティー、血糖値を上げないタイプのものにはフォーズ2プラスといったサプリメントが当てはまります。
どちらも血糖値が気になる方にとって有益なアイテムですが、どちらの種類も揃えなければ意味が無いという訳ではありません。
ご自分に合った方だけをチョイスすれば良いですし、時と場合によって種類を使い分けるという選択もできるでしょう。
ただ、血糖値が気になる方といっても、その人の健康状態は個人により様々なものです。
例えば、このままだと糖尿病になるかもしれないといった危機感を持っている段階の方もいれば、いつ薬物治療になってもおかしくはないといった段階の方もいることでしょう。
では仮にこの2つの段階を比較した際、どちらの方も全く同じ対策をとっていれば問題ないものかと言えば、その答えはイエスではありません。
治療には食事療法や運動療法といったものがありますが、その厳密さも血糖値が気になる度合いに応じて異なります。
このサイトでは、まだ本格的な治療が必要な訳ではないけれど、このままではいずれ糖尿病になるという自覚のある方に向けて、役立つサポートアイテムをご紹介していくものですので、その点を予めご了承頂ければと思います。

 

血糖値を管理することが重要な理由

 

血糖値が高いという診断を受けた際、感覚的にこれはまずいな...と感じる方が殆どでしょう。
では実際に何がまずいのか、血糖値を管理することにどんな意味があるのか、目的をしっかりと理解できている人は少ないのではないでしょうか。
血糖値が高い状態を簡単に表現するとすれば、体内に糖質が入りましたという信号のようなものです。
糖質に分類されるものは甘い菓子類などもそうですが、お米やパンなどの炭水化物も含まれます。
要するに、誰でもこれらのものを口にすれば血糖値は上がります。
問題なのは、上がった血糖値が下がらないことと血糖値が高過ぎることにあります。
更にこうした状態は、血糖値のコントロールをするインスリンの働きが弱まっているのでは?といった問題に繋がっていきます。
インスリンは、私たちの体の中で血糖値を下げる働きをするホルモンで、血液内にあるブドウ糖を細胞に取り込み、エネルギーとして使用する働きがあります。
そんなインスリンの働きが弱まると、細胞はエネルギー不足になったり、血液内にはブドウ糖があふれるという状態に陥ります。
この一連の流れが引越す疾患が糖尿病なのです。
ブドウ糖は血管を傷つけてしまうため、速やかに回収せずに放っておくと血管障害などを招くようになります。
これらが血糖値が高いという診断が、本当の意味でまずい理由なのです。

 

 

サポートアイテムだけでは健康にはなれない

 

血糖値が気になる方に向けたサポートアイテムは、血糖値を下げたり、血糖値を上げないようにしたりと、血糖値コントロールに役立てられます。
ですが、サポートアイテムはあくまで補助的なもので、これらの使用が根本的な問題の解決になる訳ではありません。
血糖値が下がりにくくなっている理由が一体何にあるのか、その理由を見極め根本的な改善を行っていかなければ、サポートアイテムの役割も然程活かしきることはできないでしょう。
例えこれらのアイテムを用いて血糖値が正常になったとしても、根本的な理由を改善できていなければ、本当の意味で健康になったとは言い難いと思います。
一般的にU型糖尿病になる原因は、インスリンを放出するすい臓の働きが弱まったり、インスリンに対する細胞の感受性が弱まったりすることにあると言われています。
そしてインスリンが弱ってしまっている理由には、血糖値が乱上下を繰り返し、すい蔵に負担をかけてしまっていることや、肥満によりインスリン受容体の感受性が低下していることが挙げられます。
つまり、肥満や血糖値を急激に上げる食生活や運動不足といった生活習慣が、糖尿病を招く原因となっているのです。
これらの理由からも推測できるように、糖尿病を予防する基本的な方法は食事療法や運動療法ということになりますので、サポートアイテムはあくまでその補助として活用する心構えを持つことが大切と言えます。

 

>>血糖値測定器が無料で手に入るキャンペーンについて詳しく知りたい

 

 

太らないための生活習慣を意識する

 

境界型糖尿病や糖尿病予備群といった診断を受けた方は、ある意味ラッキーなのかもしれません。
まだ本格的な糖尿病ではない分、今から自分で健康な体を取り戻すチャンスが有ります。
そのチャンスを活かすために何よりもまず意識して欲しいのが、食生活です。
具体的には、ゆっくりと時間をかけて食事を摂る、食べ物はよく噛んで食べる、炭水化物をたすぎる習慣を見直す、カロリーに気を配るといったことです。
極端な表現をしてしまえば、太らないための生活をするということになるかもしれません。
脂肪が蓄えられてしまうのは脂肪分よりも、むしろ糖質の摂り過ぎが原因です。
また脂肪が蓄積すれば、インスリン感受性が鈍る原因にもなります。
因みに糖尿病は、体系的に太っていないからといって油断できる病ではありません。
太っていなくても、一般的に太るとされるような生活習慣を送っていれば、その危険性は同様なのです。
糖尿病は症状が進めば進むほど、食事療法の厳しさも増していきます。
現に、想像以上のカロリー制限、糖質制限、たんぱく質制限をしなければならない人も存在するのです。
そうならないためにも、今から着実に出来ることを続け、習慣付けるよう意識していきましょう。
また当然ですが、食習慣への意識だけでなく、適度な運動を取り入れることも忘れないようにしましょう。

 

サポートアイテムは必要不可欠ではない

 

糖質の摂取量や摂取方法を管理が出来るようになれば、自然と糖尿病予防に繋がっていくものですが、そうした習慣を手に入れることはやはり簡単なことではありません。
だからこそサポートアイテムというものが役立てられますし、その存在を知っておくだけでも、あなたの血糖値管理は随分と楽なものになるかもしれません。
サポートアイテムは太らない食事、血糖値を上げない食事、糖尿病を予防する食事といった理想的な食生活を身に付けるまでのつなぎのようなものです。
血糖値が高い人にとって必要か必要でないかの2択で言えば、必要でない方に分類できるでしょう。
つまり、なくてはならないもの!という訳ではなく、あれば助かる、助かる人もいるといった部類のアイテムです。
ですので本当にあなたにとて必要であるかどうかは、あなたの生活習慣次第といったことが言えるでしょう。

 

フェーズ2プラスサプリメントとは?

 

フェーズ2と言えば、幾つかのサプリメントメーカーから発売されている商品ですが、このサイトでお勧めするのはフォーズ2プラスと呼ばれドクターズチョイスブランドの商品です。
そもそもフェーズ2とは、白いんげんに含まれるフェセオラミンが炭水化物の分解を阻害するので、糖質の摂取量をほぼ強制的に抑えることができます。
炭水化物が分解されブドウ糖へと変化するのを邪魔することで、取り入れた炭水化物の何割かをそのまま外に排出する役割を果たします。
この役割からも分かるように、フォーズ2には例えば血糖値を下げるといった直接的な効果はありません。
あくまで炭水化物の量をいつもより減らすといった効果に期待が持てるものですので、どちらかと言えばダイエット用サプリメントとしての側面が強いでしょう。
一方フェーズ2プラスは、フェセオラミンの他にも糖質の吸収を抑えるギムネマや脂質の燃焼を促進するクロムという成分を含んでいるため、より糖質制限に対する効果に期待をもつことができます。
ダイエットサポートアイテムとしてだけでなく、糖尿病予防サポートアイテムとしても活躍できるサプリメントなのです。

 

ACON社血糖値測定器本体セット無料キャンペーンのページ (糖尿病お助け隊バナー)