ヘモグロビンa1cに気をつける

ヘモグロビンa1cに気をつける

 

最近、健康に気をつけるようにしています。
毎日三食バランスのとれた食事をとるようにしていて、夜は飲まずに帰宅。
食後は運動がてら散歩をしています。家の近所をぐるっと一周あるいて、だいたい20分から30分ぐらいです。
良い運動になっていると思います。
なんでここまで健康に気を使っているかというと、ヘモグロビンa1cの数値が高めだったからです。
ヘモグロビンa1cの数値が高くていいことなんて一つもありませんからね。
この数値を下げないといけないと思い、自分でできる運動と食事を頑張っているつもりです。
同僚にその話をしたら、ヘモグロビンa1cを下げる効果のあるサプリメントもあるそうで、
それも気になるのでちょっと調べてみようかなと思っているところです。
運動・食事・サプリメント。この三つを続けていたら、きっとヘモグロビンa1cの数値も
正常の範囲には戻ると思います。
一定期間後にまた血液検査をするので、その日までしっかりと頑張らないといけません。
いや、血液検査が終わって良い結果だっとしても、ちゃんと運動と食事管理は続けないといけませんね。
たぶん、それで安心して元の食生活に戻してしまったら、またヘモグロビンa1cの数値が高くなってしまうと思うので。

 

 

家族の為にもヘモグロビンa1cの数値を下げよう

 

やっぱりね。健康診断で引っかかりました。なんとなくそんな気はしていたんです。
前回も数値ぎりぎりだったし、糖尿あたり引っかかるんじゃないかって思ってました。
予想通り、ヘモグロビンa1cの数値が高めだってことで引っかかりましたよ。
だめですよねこんなことじゃ。家族もいるっていうのに。
実際、糖尿病の合併症で大きな病気にかかってしまって亡くなった人も少なくないっていうのに。
自己管理力がまったく足りなかったと思います。
一家の主として、このままでは絶対にだめですね。
ヘモグロビンa1cの数値を下げるために、もう好き勝手な食事はやめて、健康食にします。
あとは運動もかなり大切らしいので、運動を頑張らないといけません。
食事の方は、申し訳ないけど奥さんにまかせっきりになります。
炭水化物を抜いた食事を頼んでいて、「難しい」と言いながらも毎日頑張ってくれています。
なので、自分は運動をしっかりとするつもりです。今も結構頑張っていますよ。
通勤の際は、降りる駅を変えて歩くようにしています。帰りも同じです。
食後も歩いていますし、休みの日には縄跳びをしたりランニングをしたりするようになりました。
これでヘモグロビンa1cの数値が下がればいいんですが。

 

 

ヘモグロビンa1cのコントロール

毎日の生活を引き締めることによって、ヘモグロビンa1cの値をコントロールするなど、健康増進に努めるのは重要です。なかなか自分の意識を保てないのであれば、人の助けを借りることも大切です。
スポーツジムに通う人が増えているのは、こうした心理が働いているからなのです。自宅でエクササイズをしたとしても、血糖値の下降やヘモグロビンa1cを見込むことは可能です。それでもスポーツクラブを利用するのは、自分に課したものが揺るがないようにするためなのです。
淡い気持ちを抱いて望んでしまうと、自分が損をしてしまうことがあります。強力な意思を保つためには、口外して意識に強制力を働かせることによって、ヘモグロビンa1cに対する意識を高めるのです。
堕落した生活をしていると、それなりの結果しか出るわけがありません。全くプラスに向かずに、どんどん血液検査の数値が悪い方に向いてしまうこともあるのです。
生活管理をするということは一念発起しなければいけないこともあります。やはり、やる気が低下してしまうと、長期的な取り組みは困難です。ヘモグロビンa1cの数値を下げるには、継続的な行動が必須なので、生活を変えることに対する意識を強く持ちましょう。