血糖値測定器の種類について

血糖値測定器の種類について

 

血糖値測定器は、その名の通り血糖値を測定するための器具です。
病院で実施される血液検査とは別に、プライベートでも血糖値をコントロールするため、主に糖尿病患者が日常的に使用します。複数の企業から発売されているため種類は豊富で、指先に専用の針を刺し血液を抽出・計測するタイプが一般的でしたが、近年は針を刺さずに計測可能な痛みを生じないタイプも存在します。

 

糖尿病患者が使用する場合は「血糖測定値に基づく指導」に該当するため、器具や消耗品等については保険が適用されますが、生活習慣病の予防目的等で購入し使用するケースでは保険が適用されません。保険適用となる場合、器具に使う針などの消耗品は、1ヶ月あたりの使用数に制限があります。

 

使用する前には、血糖値を正確に測るためよく手を洗います。針を刺すタイプは穿刺器と測定器が別になっており、穿刺器で指先から血液を抽出し、その血液を基に測定器で血糖値を測ります。メーカーや機種によって多少操作方法が異なるものの、基本的な部分は変わりありません。

 

最初に穿刺深度を調節し新しい針を器具に取り付け、針に被せてある保護キャップを外します。測定器の電源を入れておき、穿刺器の針の先端を指先に押しあてた状態で穿刺用のボタンやスイッチを押すと、必要量の血液が抽出されます。通常血液は1マイクロリッター程度、もしくはそれ以上必要とするため、足りない場合はやり直しとなります。

 

抽出した血液を測定器のセンサー部分につけ、結果を待ちます。計測完了後は、穿刺器から使用済みの針を外して捨てる必要があります。

 

針を使用しないタイプは、スマートフォンと測定器を使います。スマートフォンに専用のアプリをインストールし、立ち上げた状態で測定器の電源を入れると、自動的に相手を確認し接続されます。アプリ側でスタートボタンをタップし、測定器の所定の位置に指先を入れると、血糖値の計測が始まります。

 

結果は自動的にスマートフォンへ送信されるため、すぐに確認可能です。