糖尿病の治療法

糖尿病の治療法

 

糖尿病の治療法には、食事療法、薬物療法、運動療法といったものがあります。
薬で糖尿病の症状を抑えながら、食事療法で治療効果を高めていきます。
特に日本人に多いタイプの2型糖尿病には、食事療法が不可欠と言っていいものです。
日本人は過食の傾向にあります。
年齢とともに代謝が低下してくるため、食事の量が少なくても脂肪の燃焼率が低下し、肥満になりやすい身体になります。
糖質がたまってしまうことで肥満になると、血糖値も高くなり、糖尿病の症状も悪化していきます。
食事は糖尿病以外の人にとっても基本的なこと。
自分の健康状態に合う食事をすることで、血糖値をコントロールしていくことが大切です。
食品のカロリーや糖質を知ったうえで、食事療法をしていくことが必要になってきます。
苦痛を伴うかもしれませんが、食事療法をきちんと実践しないと糖尿病を緩和することができません。
併せて運動療法をすることで、体重をコントロールしていきます。
運動療法は、糖尿病による合併症が起きていない人であれば、やることが望ましいものです。
薬物療法で使われる薬は、糖尿病の症状に合わせたものが使われます。
糖尿病の薬は、積極的に血糖値を下げるために使われるものです。
医師に指示された通りに正しく服用して、効果を高めていきましょう。

 

 

糖尿病の人が安心して食べられるお菓子

 

糖尿病を発症してしまうと食べられるものが限られてしまい、落ち込んでしまう方が多いです。
特に砂糖を大量に使用していたり、糖質を多く含んだ食べ物は血糖値を高くしてしまうので糖尿病の方は食べられる量を制限されてしまいます。
砂糖はどの料理でも調味料として使われる事が多く、また糖質は様々な食品に含まれているので1日に摂取できる量を簡単に満たしてしまいます。
ですので砂糖を大量に使用していたり糖質を大量に含んでいるお菓子などは食べる事ができません。
糖尿病の方は普段の食事だけで1日に摂取しても大丈夫な量を満たしてしまうので間食をおこなう事が難しいので悩まれている方が多いです。
しかし最近では糖質を大幅にカットしたパンやお菓子が開発され、砂糖や糖質制限を余儀なくされている方でも気軽に食べられる食品が増えています。
特にブランパンと呼ばれる低糖質の食品が人気で同様に低糖質で作られているケーキやお菓子が次々に登場しています。
それらの食品は糖質制限をおこなっている方を目的に作られた食品で、主に糖質ダイエットをされている方に人気があります。
しかし低糖質の食品は糖尿病の方にもありがたい食品であり、普段食べられなかったケーキや甘い食べ物を食べられる唯一の食品になっています。
低糖質で天然の甘味料を使用した食品は血糖値を上げる心配もなく健康にも良いので安心して食べる事ができます。

 

 

和食の粗食は糖尿病予防にぴったり

 

なんだか糖尿病予防をしないと、将来がやばいかもしれません。
最近どんどんと太ってきて、ちょっと高血圧気味になっています。
このままだと完全に糖尿病一直線かも。
でも、そうなったら好きなご飯とか食べれなくなってしまうので、やっぱり糖尿病予防しないとダメですね。
何が辛いって、食事制限が永遠に続くのがきついですよね。
食べるのが好きな人にとっては、一生食事制限なんて、本当に生き地獄だと思います。
やっぱり食べたいものを食べられるって、健康の特権なんでしょうね。
私もこれまではあんまり健康を気にしないで、暴食暴飲をしていましたが、これからは食事についてはもうちょっと考えていかないといけませんね。
糖尿病予防は、自分の食生活を改めることから始まると思います。
まずはあんまりにも体重が増えるようだったら、和食の粗食を始めると良いと聞きました。
和食の粗食は、発酵食品を使った料理が多いので、健康のためにはすごく良いと聞きました。
ダイエットを成功させるためには、ある程度体内の代謝を上げることが大切ですね。
運動をして代謝を上げることも必要ですが、食事の時に温かい物を食べて、体内を温めると、代謝がよくなるそうです。
肥満の人は冷え症が多いので、まずは冷え症の改善から始めましょう。